女性の薄毛の悩みをズバッと解決|クチコミ情報や商品の評判を調べる

今後に期待できる治療薬

悩み

副作用の無い育毛剤

現在、AGA治療に効果があると言われている代表的な治療薬は、フィナステリドを主成分とした飲み薬とミノキシジルを主成分とした外用薬です。どちらも元々はAGA治療用に開発された薬ではありませんが、別の病気の治療中にAGAに効果があることがわかり、現在ではAGA治療専門の病院でも処方される医薬品となっています。どちらも効果があることは確認されていますが、少なからず副作用も確認されており、代表的な副作用としては肝機能障害、性欲減退などがあります。そこで近年注目されているのが、副作用の無い天然成分を用いた育毛剤です。残念ながら飲み薬では副作用の無い飲み薬は開発されていませんが、外用薬ではミノキシジルと同程度の効果が見られる育毛剤が、販売されており、人気を集めています。

ジェネリック医薬品

AGA治療で特に欠かせないのがフィナステリドを主成分とした飲み薬で、個人でも、病院で治療する場合でも必ずと言って良いほど使用します。ただし、飲み薬は現段階では医療保険の適用が認められていないので、病院で処方してもらう場合、風邪薬の処方などと比較すると高額になり、1か月あたり7000円ほどの費用が必要となります。そこで、近年注目を集めているのが個人輸入の代行業者を介した海外からの購入です。海外では飲み薬のジェネリック医薬品が発売されているため、業者によって違いはありますが、1か月あたり約3000円で購入することも可能です。ただし、ここで注意したいのが副作用です。この場合、副作用の症状が現れても保証は受けられず、自己責任となります。個人で治療する際は、副作用を理解した上で使用するようにしましょう。ただし、プロペシアの特許は2019年に切れるため、それ以降に低価格の飲み薬が日本の病院でも処方してもらえる可能性は高いといえます。今後のAGA治療に注目しましょう。